介護職:水谷有治

多彩なキャリアパスの中から、ベストな道を自由に選べる舞台があります。

水谷有治

職種介護職

役職

エリアマネージャー
ゴールドエイジ ロイヤル名西とゴールドエイジ西尾を統括
現在はゴールドエイジ西尾の館長を兼務

どうしても諦めきれなかった介護への思いがありました。

祖父母に育てられこともあり、私にとってお年寄りは身近な存在でした。専門学校で介護を学んだものの、介護現場の現実を知って中退。自動車工場に就職しました。しかし介護の仕事への思いは消えることなく、お年寄りをケアしたいという意欲が高まっていったんです。私は介護の道に進むことを決意し、ゴールドエイジとは別の施設に転職。そこで旧ホームヘルパー2級の資格を取得しました。そのときにお世話になった先輩がゴールドエイジに転職して、私も勧められたことから転職を決意。立ち上がったばかりのサ高住に先進性を感じて、大きな関心を持ったことも私の背中を押しました。

介護のハードやソフトをつくる仕事にも挑戦しました。

最初は夜勤専従のパート職員として入社しました。その後、入社1年で正社員に登用され、フロアや施設の責任者を経験。介護福祉士の国家資格も取得しました。さらに現場での経験や実績が高く評価されて、サ高住の新規立ち上げも任されるようになり、これまでに5棟の設計や内装の企画、スタッフの採用、備品の選定、オペレーションの策定などに携わりました。手すりの位置や機械浴の導入など、現場で働いたことがある人でないと得られない気づきや提案をふんだんに盛り込み、理想的な施設を実現することができました。

現場でのケアだけではない総合的なスキルが身につく環境です。

ゴールドエイジには、介護への情熱や意欲はもちろん、自らのスキルアップに取り組む向上心旺盛なスタッフが勢揃いしています。こうした背景には、ゴールドエイジ独自のキャリアパス制度や評価制度などがあります。一人ひとりのスタッフがそれぞれの専門性を高められるように社内研修を行っているほか、資格手当を支給するなど努力に応える評価制度も整っています。特にキャリアパス制度に関しては、他社にはないほど多様で柔軟な仕組みになっていることが特長です。社内での介護職の地位は高く、現場のケアだけに留まらない職域の広さがあります。私のように複数施設の立ち上げを経験させてもらうこともあれば、経営の中枢で社内のマネジメントや教育に携わることも可能です。一人ひとりにチャンスが与えられ、多様なキャリアパスの中から適性に応じた選択ができる。こうした独自の環境が、介護事業の運営に必要となる総合的なノウハウを持つ人材の育成につながっていると思います。

実は館長は、ゴールドエイジのスポークスマンでもあるんです。

また、他社の取り組みから学ぶ風土もあり、ときには他社の新施設を見学させてもらうことも。ほかにも、介護施設の責任者が集まる業界の会合に出席したり、基幹病院のソーシャルワーカーと連携して情報共有を行ったりするなど、外向的な取り組みを通じてサービスやケアの仕組みや質を高めています。このように地域の中での連携や交流には特に力を入れており、各施設の館長はスポークスマンとなって、自分の裁量でゴールドエイジの理念や特長を発信しています。その一環として、私が以前に館長を勤めていた施設では、たこ焼き屋さんとタッグを組んでPRを実施しました。そのときは施設の駐車場に屋台を出し、通常よりもお値打ちに商品を提供。たこ焼き屋さんからゴールドエイジをPRしてもらうことで、地域での認知度を高めることができました。今後はエリアマネージャーとして、ゴールドエイジの魅力や価値を高めていくことはもちろん、部下である館長のレベルアップやキャリアアップを支えていきたいと思います。自分自身は介護部長への昇格を目標にしています。すべてのスタッフが自己実現できる職場をさらに整えていきたいですね。

1日の流れ

  • 9:00 出勤

    まずは朝礼で夜勤スタッフからの申し送りを行い、入居者さまの状態を日勤スタッフ全員で共有します。その後、館長としてスタッフの勤怠管理やシフト調整を行います。

  • 10:00~12:00

    生活支援や介護については各リーダーがスタッフに指示をしていますが、必要に応じてリーダーから報告を受けて指示をすることもあります。また、スタッフの採用面接を行う日もあります。

  • 12:00 休憩

  • 13:00~18:00

    午後は、水道や電気などライフラインの修繕を業者に手配したり、施設で開催する地域との交流イベントに参加したりします。また、定期的にエリアマネージャー会議や館長会議が開催されるので、別の施設や本社に出向くこともあります。

  • 18:00 退勤

    介護保険や経理などに関する書類を整理後、夜勤スタッフへの申し送りをしたら業務終了です。管理職は多忙だと思われがちですが、自分で時間の使い方をを調整できるので残業はほとんどありません。