介護職:松田佳真

入居者さまはもちろん、ご家族にも価値あるケアを提供していきたい。

松田佳真

職種介護職

学歴中京大学認知科学科中退

社歴入社7年目

介護事業の必要性や意義を入社後に実感しました。

大学を中退後、すでにゴールドエイジで働いていた先輩の勧めで入社しました。といっても私が最初に所属したのは、
入居者さまを募集するための営業部署。近隣の総合病院や介護施設を訪れて、退院後のサ高住への入居をご提案する仕事でした。
私は営業の仕事を3年間していましたが、入社当初の介護事業に対するイメージが変わっていきました。最初は介護事業に対してネガティブなイメージというか、現実的には大変な仕事なんだろうなというイメージが強かったのですが、介護を必要とされるお年寄りの方やご家族と接するうちに、介護事業の必要性や意義を強く感じるようになりました。その後、本社にある別の部署に異動。そこでは、遊休地を持つオーナーさまに対して、土地活用としてサ高住の建設をご提案する仕事をしていました。

想定していなかった介護職への異動が人生最大の転機に。

私はさまざまな部署で多彩な仕事を経験してきたわけですが、さらに大きなターニングポイントが訪れたんです。それは、現在も取り組んでいる介護職への異動です。私は営業の仕事を通じて、介護サービスを必要とされている方やご家族の大変な実情を痛いほど知り尽くしていたので、その経験を活かしてみないかという、上司からの勧めでした。実を言うと私は入社後に旧ホームヘルパー2級の資格を取得していたこともあり、介護職には関心がありました。ですから抵抗はまったくなかったですね。
サ高住での介護職になってからは、生活支援やデイサービスに従事。実務経験が3年に達したあとに介護福祉士の国家資格を取得しました。現在はデイサービスの利用者さまも増え、食事や入浴の介助だけではなく、機能訓練やレクリエーションの管理も担当しています。

営業を経験したからこそ、自分ならではのケアができました。

私には、ほかの介護職にはない経験があります。それは営業時代に、介護を必要とされているお年寄りのご家族と接した経験です。介護の現場でもご家族と接することが多少はありますが、やはり中心的な存在は入居者さまご本人です。もちろんご本人の思いが一番尊重されるべきなのですが、ご家族にもさまざまな思いがあります。自宅で介護できない現実や、プロを頼るしか方法がない現実に悩み、葛藤されているご家族が多いのが現状です。こうした思いを理解し、微力ながらご家族と入居者さまの橋渡しができればと考えています。うれしいことにゴールドエイジのサ高住を利用することで、むしろ家族関係が改善されて絆が深まったケースもありました。「松田さんがいてくれてよかった」という感謝の言葉をいただくこともあり、その一言で疲れを忘れてしまうくらい大きな達成感に満たされます。

人と人との新しい絆のカタチが、サ高住にはあります。

普段の仕事の中で入居者さまと工作をしたり、ミニゲームをしたり、簡単なスポーツを楽しんだりしていると、まるで一緒に生活している家族のような気持ちになります。それは入居者さまも同じようで、私の顔色が良くないと「どうしたの?」と気遣ってくださることも。こうした人と人の普遍的な心の交流を大切にしながら、これからも入居者さまに有意義な毎日を過ごしていただけるように頑張っていきたいですね。そして将来的には、サ高住の館長となって、自分のカラーで介護の環境をより良くしていきたいと思っていますし、新しい発想で施設の立ち上げも手がけたいと思っています。生活支援を必要とする方、訪問介護を必要とする方、デイサービスを必要とする方、いろいろな方が集い、語らい、憩う場を充実させていくことが目標です。

1日の流れ

  • 9:00 出勤

    まずはデイサービスの利用者さまを出迎え、血圧や体温などのバイタルをチェックします。

  • 9:15~12:00

    健康管理の一環として体操を行った後、入浴を介助します。また利用者さまの体力に応じて、簡単な機能訓練を行うこともあります。その後は排泄介助、昼食の食事介助、口腔ケアを行います。

  • 12:00 休憩

    日によって休憩する時間帯は異なりますが、ほかのスタッフと協力しながら交替で休憩しています。

  • 13:00~18:00

    午前のみの利用者さまをお見送りして、午後から利用される方を出迎えます。利用者さまにおやつを提供したり、レクリエーションを楽しんだりします。

  • 18:00 退勤

    利用者さまをお見送りした後、業務日報を作成したら退勤します。